So-net無料ブログ作成

守秘義務 [病院あれこれ]

こんにちは。ワイズの院長です。
今回は最近良く聞く「個人情報」や「守秘義務」といった類のお話です。

医師には、患者さんの情報を保護する義務があります。
獣医師には法的には明確にそういった規定はありません。

ただし近年は、一般的に個人情報保護が求められるため、倫理的にペットやその飼主に関する情報も保護されるべきという風潮になってきています。獣医師会でもそういった規定ができつつあります。
ですから、当院ではそれに準じて個人情報の守秘を行っています。

何でこのような話をしたかというと、最近ちょっと困ったことがあったからです。

ある日、Aさんの動物を健康診断しました。その後、その動物を譲られたという方(Bさん)から健康上の質問の電話がありました。当院としてはあくまでAさんの動物として診察しており、Bさんがどこの誰か全くわかりませんし、いつ譲られたのか、また本当に譲られたかも不明確です。こういった場合、当院ではご質問に答えることはできません。電話で診察もせず適当なことを言うわけにもいきませんので、当院では電話での健康相談は受け付けておりません。診察が必要であればご来院いただいて飼主変更の手続きを行ってからになります。

似たようなケースでは、入院中の動物のお見舞いでもあります。
Aさんの動物が入院していて、お友達のBさんが面会を希望された場合です。BさんがたとえAさんの知り合いであっても、Aさんの許可が無ければ当院では面会はお断りしています。

じゃあどこまでなら他人ではないのか?飼主の配偶者は?別居の親戚は?ホームシェアしている同居人は?
法律で定められていない以上難しい問題ですが、当院では「親戚」といえるかどうかを基準としています。

そこまでやる必要あるのか?と思われるかもしれませんが、人医領域のトラブルを聞くと、やはりきっちりしておいたほうが良いと考えます。トラブルがあってからではお互い嫌な思いをしますから。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。



nice!(0) 

ヨウムが絶滅危惧種に<速報> [その他]

こんにちは。ワイズの院長です。

先日、南アのヨハネスブルクで行われていたワシントン条約会議で、ヨウムに関する重要な決定がなされました。
現在ヨウムは「附属書Ⅱ(現在必ずしも絶滅のおそれのある種ではないが、取引を厳重に規制しなければ絶滅のおそれのある種となりうるもの。輸出国の許可を受けて商業取引を行うことが可能。)」でしたが、今回の決定で、「附属書Ⅰ(絶滅のおそれのある種であって取引による影響を受けておりまたは受けることのあるもの。商業取引を原則禁止。)」に引き上げられました。

これにより、個体の登録が義務付けられます。これは新規に購入する方だけではなく、現在飼育中の方にも当てはまります。また、剥製や骨格標本にも適用されますので、詳しくは「環境省」や、「一般財団法人・自然環境センター」までお問い合わせ下さい。

登録証がないと販売、譲渡など、生体の移動ができなくなります。
以前から飼育していた個体も、その証明ができない場合は、他人に譲渡できないため、動物園や研究機関に譲り渡す必要が出てくるようです。

罰則等はまだ不明ですが、野生動物保護の観点から、致し方がないのでしょうね。
ヨウムは人工繁殖が可能なため、入手できなくなることは無いでしょうが、便乗値上げ等も起こりうるため、しばらくは入手困難になるでしょう。

情報が入り次第、またお知らせしますね。



nice!(0) 

12月になりました [病院あれこれ]

こんにちは。ワイズの院長です。

早いもので、もう12月です。なんだか夏以降は妙に時間が過ぎるのが早かったですね。
こどもが毎週ドクターXを見ているのですが、「今日ドクターX見るんだ~」というせりふを2、3日おきに聞いているような気がします。

さて、年末年始の休診のお知らせです。

12月29日(木)~1月4日(水) お休み致します。
常用薬や療法食等、なくなりそうな場合はお早めにご来院下さい。
年末はディーラーの在庫も少なくなりますので、ご注意下さい。
毎年恒例の、オリジナルカレンダーの配布も開始しています。
数に限りがありますので、お早めにご来院下さい。なお、取り置きは致しませんので、ご了承下さい。

さて、正月まであと少し!無事年を越せるようにがんばりましょう!
忙しいとは思いますが、ちいさな家族のことも気にかけてあげてくださいね!


nice!(0)