So-net無料ブログ作成

眼圧計を導入しました [院内機器案内]

IMG_0260 (800x598).jpg

こんにちは。ワイズの院長です。

 久々に院内機器のご案内です。
 今回は眼圧計です。人間ドック等で皆さんも測定されると思いますが、眼圧計というのは主に緑内障を診断する機器です。
 緑内障とは目の中の圧力が高くなる病気で、失明の危険性もあります。それ以外にも、別名「牛眼」とも言われるこの病気は、目が拡張して飛び出してくることもあり、早期発見、早期治療が大事な病気です。

 今までは臨床的に緑内障が疑われるときは、点眼薬を早めに処方し、眼科医を紹介していました。
幸い、手遅れで失明にいたった例はないのですが、やはり早期診断できたほうが患者様にも安心感を持っていただけると思います(そして私も安心できます!)。
 眼圧計があれば、全ての緑内障が管理できる!・・・・ほど甘くはありませんので、難治症例は当然眼科医をご紹介いたします。ただ、それまでの管理の精度を上げられますので、よりよい獣医療を提供できるかと思います。季節の変わり目に緑内障が増えるとのデータもありますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。





nice!(0) 

nice! 0